開拓使 10-F

かいたくし
PB N3.5 #585F64
明治政府によって設置された開拓使が、北海道の道路、鉄道、事業を殖産している。何となく官吏指導のイメージをこの色で置き換えている。色自体はしっかりしているがあまり味気ない、そこそこの威厳はあるが親しみやすさはあまり感じない、そんな雰囲気をこの暗い灰色で現している。
しっかりとした構造を主張するためには役立つ色である。どんな気象条件でも変わらない印象に維持できるトーンであるが、真夏の陽射しにはマッチングしない。ガラスやアルミや鏡面仕上げのスチールとの組み合わせでモダンなイメージに仕上がる。

開拓使との配色パターンを
作成するツール

『札幌景観色配色ツール』を使うと、景観色の組み合わせイメージが簡単に確認できます。作成した配色パターンはWEBブラウザにブックマークしたり、URLをメモや共有(シェア)することで、あとで何度でも確認できます。