郭公 9-E

かっこう
5B 5.0/1.5 Gr-1 tone #7A8A93
遠くで鳴き声が聞かれるようになると、札幌の初夏が始まる。原生林でしずかに鳴いているが、その姿はめったに見ることができない。そのグレーの羽は、自然に溶け込んで身体を目立たなくするためかもしれない。このような白と黒の中間の明るさを持つ灰色は、朝夕の薄明かりでは消されてしまう特徴を持っている。
かなりしっかりとした構造体を強調できる色である。大面積には使いにくいが、縦基調のアクセントや開口部の小さな構造物には使える。グレーのトーンが汚れを目立たなくしているが、全体を引き締めて小さく見せることにも使える色である。

郭公との配色パターンを
作成するツール

『札幌景観色配色ツール』を使うと、景観色の組み合わせイメージが簡単に確認できます。作成した配色パターンはWEBブラウザにブックマークしたり、URLをメモや共有(シェア)することで、あとで何度でも確認できます。