藤野 8-D

ふじの
5RP 6.0/2.0 Gr-1 tone #978385
定山渓へ向かう途中、住宅地と山の間に広がる果物の産地が藤野である。朝もや北斜面に広がるそれほど大きな規模ではないが、ぶどう畑に何となく漂ういろをイメージとして想像している。この灰みのパープルは最も大人の女性らしい優しさを感じさせてくれる色である。
くすんではいるがそれでも色味があり、かなり大面積には使いにくい色である。基本的にグレイッシュピンクは締麗に見えるがそれなりに彩度を押さえて使うことが大切である。紺色やダークな灰色等の多少暗めのアクセントを加えて、全体を引き締めるパランス効果が必要になる。

藤野との配色パターンを
作成するツール

『札幌景観色配色ツール』を使うと、景観色の組み合わせイメージが簡単に確認できます。作成した配色パターンはWEBブラウザにブックマークしたり、URLをメモや共有(シェア)することで、あとで何度でも確認できます。