薄 3-D

すすき
7.5Y 7.5/3.0 Lgr-1 tone #D7CDA5
秋の七草の一つで、イネ科の多年草。山野の自生する薄が枯れて穂が出てくる。クールで少し緑みのあるベージュになる。薄は最初から最後まで最も自然環境にすなおに馴染む色の変わり方を示している。濃いブラウンやグレーとの組み合わせでより清楚な落ち着きをかもし出す。
微妙な色であり、上手に使うにはそれなりのセンスが求められる。春や秋のイメージにはしやすい
が、夏の強い陽射しではそれほど締麗に見えない。デリケートに陽射しをコントロールできる構造ならば、この色味の良さが発揮できる。豊範を消した深みのある素材で仕上げることが、シンプルな形態を一層活してくれる。

薄との配色パターンを
作成するツール

『札幌景観色配色ツール』を使うと、景観色の組み合わせイメージが簡単に確認できます。作成した配色パターンはWEBブラウザにブックマークしたり、URLをメモや共有(シェア)することで、あとで何度でも確認できます。