白茶 1-C

しらちゃ
10R 8.0/1.0 Lgr-1 tone #E5D0C5
日曜日は大工仕事の手伝いをした。木材に鉋をかけて切り込み組み立てる。最後の仕上げの前に「とのこ」を塗って木の目を滑らかにしていた。この落ち着いた気取りの無い色は、肌色や木肌などとハーモニィさせやすく、しかもじっくりと眺められる色の一つである。自然景観の中で最も素材や質感の違いをデリケートに表してくれる。
これは一般的な赤みのべージュの範囲に入り、多くの場面で最も使いやすい色の一つである。樹木の幹や煉瓦、土や砂などの天然素材とのマッチングに優れている。馴染みやすく自然に溶け込み、それなりの色味として主張もする魅力
的な色である。

白茶との配色パターンを
作成するツール

『札幌景観色配色ツール』を使うと、景観色の組み合わせイメージが簡単に確認できます。作成した配色パターンはWEBブラウザにブックマークしたり、URLをメモや共有(シェア)することで、あとで何度でも確認できます。