氷柱 7-A

つらら
7.5PB 9.0/2.0 Vp-2 tone #F7FBFE
2月の朝は一番寒い。昼間の日差しは優しくほんの少しずつ雫を落とし、輝くつららが伸びる。ガラスのような透明感が歪んだ景色を反射してみせる。すぐに暗くなる冬の夕方、薄暗い雰囲気で特にすっきり見せてくれる。クールな白は、北国のベースカラーであり、全体を引き締める効果がある。
この冷たさは大面積になるとさらに強調される。全体にデザイン形状が縦基調や細い部分に使われる。金属質のグレーや濃紺と組み合わされてそれなりの力強さを構成できる。細かなピンストライプや全体にスモークをかけるなど表情を変えるといろいろな場所に使えるようになる。

氷柱との配色パターンを
作成するツール

『札幌景観色配色ツール』を使うと、景観色の組み合わせイメージが簡単に確認できます。作成した配色パターンはWEBブラウザにブックマークしたり、URLをメモや共有(シェア)することで、あとで何度でも確認できます。