リラ霞 8-B

りらかすみ
5RP 8.0/1.5 Lgr-1 tone #D0C5C8 0,5,4,18
リラはライラックのフランス語訳、北国の初夏を彩る最もエレガントな花である。梅雨の無い札幌でも気温がそれほど上がらずに、しとしとと雨がふり、霞がかかると周りの空気全体をこの薄紫色に染めてくれる。この時期は野山も庭先も多くの花が一斉に咲き始める。優雅さと気品を感じさせる花は以外と少ない。
かなり赤み、紫みを感じる色であるが大面積になるともう少し白っぽくなる。これも夕暮れや夜間照明では昼間と違った色に映る可能性がある。構造物の形状によっては、色味自体がデリケートで、ソフトイメージのために、似合う似合わないがはっきりしてくる。特にこの色は優しさと上品さを感じさせてくれる。

※Andrew GengさんのMunsell Color Palette(http://pteromys.melonisland.net/munsell/)でマンセル値からRGBを調べました。

札幌景観色の塗料を探そう!

日本塗料工業会が提供しているペイントカラー検索システムを使うと、札幌景観色のマンセル値から塗料用標準色見本帳などの近似色を検索できます。
例) 創成柳 5-C マンセル値:5G 7.0/2.0 Lgr-2 tone → 色票番号:45-70D



リラ霞との配色パターンを
作成するツール

『札幌景観色配色ツール』を使うと、景観色の組み合わせイメージが簡単に確認できます。作成した配色パターンはWEBブラウザにブックマークしたり、URLをメモや共有(シェア)することで、あとで何度でも確認できます。